マンション管理士の勉強法

知識0の方がマンション管理士の試験に一発で合格するための勉強法は以下の3点を実践することです。

  1. 講義を聞く
  2. 過去問演習
  3. 勉強時間は600時間以上

1に関しては、多くの方がこの勉強法を取り入れていません。

全てテキストだけで理解しようとしています。

そもそもそれが間違いの原因なのです。

マンション管理士の試験は、実践を想定した思考力を問う問題なので、より深く知識を理解しなければいけません。

そのためには、法律の意味はもちろんのことをその背景も理解する必要があるのです。


講義を聞ければ、事例や出題ポイント細かく説明してくれ、しかも視覚や聴覚を使いながら勉強するので、記憶にも残りやすくなります。

これがテキストだと、文字で伝えられる事に限界があり、その上理解するのにも時間がかかります。

もちろんテキスト中心の勉強で合格した人はいますが、それは特別勉強ができる特殊なケースですので、普通の人が真似できるものではありません。


しかし、講義を聴くとなると学校に通学するか、通信講座を受講する以外に方法はなく、お金が必要になります。

でも、通信講座なら4万円台でも講義を聞けるものもあり、それほど負担にならないと思います。

それよりも独学で何年もかけて勉強する方がよっぽど負担になりますし、モチベーションを維持するのも大変です。

まずは、講義を聴くという事を実践してください。


次の2は、当然マンション管理士でも必要な勉強法です。

ポイントは1択ごとに確実に理解するまで演習する事です。


中には、答えの正誤しか意識しない人がいますが、それでは何の勉強にもなりません。

マンション管理士の勉強で大切なのは、どのような問題が出題され、どのくらいのレベルの問題で、どのような考えで解けなければいけないのか理解する事です。

そうすることで、本試験でも確実に問題を解いていく力が付いてきます。


最後の3ですが、ここは最も重要な要素と言っても良いでしょう!

最低限の勉強時間がなければ、1も2も意味がありません。

600時間と言うのはあくまでも目安ですが、合格する人はそのくらいの勉強量をこなしています。


以上がマンション管理士に合格する上での必要最低の勉強です。

この3つのどれかでも省いてしまえば、まず一発合格はできません。

試験を受ける前から不合格が決まっているようなものです。

そのくらい大切な勉強法ですので、是非試してみて下さい。

マンション管理士試験のすごい合格率の通信講座とは?